読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

生命大躍進展でフルディアを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館に行って生命大躍進展を見てきた。 バージェス動物群で最大の動物のひとつフルディアも展示されていた。 アノマロカリスのように別々に名前がついた化石が同じ動物だと判明した例だ。 展示されているのは再記載されたときの…

「生命大躍進」とアラルコメナエウス

昨年5月に放送された「NHKスペシャル生命大躍進」。 その中にアラルコメナエウス(アラルコメネウス)の復元CGが出てくる。 比較的マイナーな印象の動物で、大阪の「生命大躍進展」には出展されていない。 アラルコメナエウスはバージェス動物群の中でも非常…

生命大躍進展でマルレラを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館に行って生命大躍進展を見てきた。 派手な頭部背甲をもつ小さな節足動物、マルレラ(マーレラ)も展示されていた。 仲間はぞくぞく報告されてきているが、節足動物の中での系統的位置は不明のままだ。 展示されているのはマ…

生命大躍進展でウィワクシアを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館に行って生命大躍進展を見てきた。 ウロコ状の骨片とトゲで覆われるバージェス頁岩の動物ウィワクシアもあった。 軟体動物とする説と環形動物の多毛類とする説が激しくぶつかる化石だ。 展示されているのはウォルコット採掘…

生命大躍進展でハルキゲニアを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 はじめは上下と前後が逆さまに復元されていたことで有名なハルキゲニアもある。 去年、新しい復元が発表されて話題になった。 展示されているのはウォルコット採掘場から発掘された追加標本…

生命大躍進展でアノマロカリスの複眼を見た

生命大躍進展の東京会場にあって大阪会場になかったのがアノマロカリスの複眼。 バージェス動物群の頂点たるアノマロカリスが鋭い視覚の捕食者だった証拠だ。 展示は南オーストラリア州カンガルー島のバック採掘場から発掘された標本。 虫メガネ越しに見せる…

生命大躍進展でアノマロカリスを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 バージェス頁岩動物群で最大の動物、アノマロカリスの化石も展示されていた。 別々の動物だと思われていた化石が一体の巨大生物だと判明した逸話で有名だ。 だが最新の研究によるとペイトイ…

生命大躍進展でネクトカリスを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 近年イカ・タコの仲間とされたネクトカリスの新標本も展示されていた。 ただし、頭足類のステムグループだとする解釈には反対意見も多い。 展示されているのはコリンズ採掘場から発掘された…

生命大躍進展でオパビニアを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 展示されているバージェス頁岩産化石で、とくに有名なのがオパビニア。 『ワンダフルライフ』で既存分類に当てはまらない生物と紹介された化石だ。 展示されているのはカナダ地質調査所が所…

「生命大躍進」とヤウニク

昨年5月に放送された生命史ドキュメンタリー「NHKスペシャル生命大躍進」。 その中に目を持つ「今まで見つかったことのない新種」の化石が出てくる。 これは昨年3月に新種として記載されたばかりのヤウニクだ。 復元図に大付属肢の先にのびる鞭節が書き足さ…

「生命大躍進」とバージェス頁岩の新産地

昨年5月に放送された生命史ドキュメンタリー「NHKスペシャル生命大躍進」。 番組の中でバージェス頁岩の新産地「マーブル・キャニオン」が紹介されている。 ナレーションによると、発見されたのは3年前(2012年)。 キャロンらは山火事で剥き出しになった地…

ここがヘンだよ生命大躍進?

昨年5月、「NHKスペシャル生命大躍進」が放送されるとSNS界がざわめいた。 内容をこき下ろすつぶやきが渦巻き、批判のまとめサイトが共有されつづけた。 だが批判の多くは間違いで、最新の研究を意欲的に盛り込んだ良番組だったと思う。 批判のまとめは以下…

大阪の「生命大躍進展」を見てきた

一昨日、長居にある大阪市立自然史博物館に行ってきた。 「生命大躍進展」の大阪会場を見るためだ。 バージェス頁岩の化石や最古の四足動物上陸跡などの展示に興奮しっぱなしだった。 「生命大躍進展」は昨年夏の東京会場から始まった巡回展。 すでに国立科…

NHKスペシャル生命大躍進

昨年の5月から7月、NHKは進化をネタにした大型特番を3回にわたって放映した。 タイトルは「NHKスペシャル 生命大躍進」。 非常に面白い番組だったが、いくつか気になる点があった。 この番組は進化史のなかで革新的な進化イベントに注目したシリーズだった。…