miosn's blog

1日400字以内

生命大躍進展でネクトカリスを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 近年イカ・タコの仲間とされたネクトカリスの新標本も展示されていた。 ただし、頭足類のステムグループだとする解釈には反対意見も多い。 展示されているのはコリンズ採掘場から発掘された…

生命大躍進展でオパビニアを見た

先月、長居の大阪市立自然史博物館で「生命大躍進展」を見てきた。 展示されているバージェス頁岩産化石で、とくに有名なのがオパビニア。 『ワンダフルライフ』で既存分類に当てはまらない生物と紹介された化石だ。 展示されているのはカナダ地質調査所が所…

「生命大躍進」とヤウニク

昨年5月に放送された生命史ドキュメンタリー「NHKスペシャル生命大躍進」。 その中に目を持つ「今まで見つかったことのない新種」の化石が出てくる。 これは昨年3月に新種として記載されたばかりのヤウニクだ。 復元図に大付属肢の先にのびる鞭節が書き足さ…

「生命大躍進」とバージェス頁岩の新産地

昨年5月に放送された生命史ドキュメンタリー「NHKスペシャル生命大躍進」。 番組の中でバージェス頁岩の新産地「マーブル・キャニオン」が紹介されている。 ナレーションによると、発見されたのは3年前(2012年)。 キャロンらは山火事で剥き出しになった地…

九州パラオ海嶺はどうやってできた?

九州パラオ海嶺は九州からパラオにかけて南北に伸びる海底山脈だ。 ただし、北は九州の手前で止まり、南はパラオの手前で区切られる。 名前に反して九州とパラオはこの海嶺に含まれない。 1970年代になると海洋底地形がプレートテクニクスで説明できるように…

沖ノ鳥島はなぜそこにある?

日本の最南端、沖ノ鳥島が騒がしい。 沖ノ鳥島沖の排他的経済水域(EEZ)で、日本が台湾漁船を拿捕したからだ。 分かりにくいのは沖ノ鳥島の領有権が問題になっているわけじゃないということ。 台湾の主張は、沖ノ鳥島は日本領の島だがEEZを持つ狭義の島では…

「超巨大!ジュラシック娘」ベータテストその2

『超巨大!ジュラシック娘』ベータテストのキャラクターデータまとめつづき。 これでもベータ実装カードの半分に満たない。正式サービス開始が待ち遠しい。

「超巨大!ジュラシック娘」ベータテストその1

「超巨大!ジュラシック娘」というゲームをやっている。 4月19日に配信決定が発表され、昨日からベータテスト実施中だ。 ベータテストのキャラクターデータをまとめる。

ここがヘンだよ生命大躍進?

昨年5月、「NHKスペシャル生命大躍進」が放送されるとSNS界がざわめいた。 内容をこき下ろすつぶやきが渦巻き、批判のまとめサイトが共有されつづけた。 だが批判の多くは間違いで、最新の研究を意欲的に盛り込んだ良番組だったと思う。 批判のまとめは以下…

大阪の「生命大躍進展」を見てきた

一昨日、長居にある大阪市立自然史博物館に行ってきた。 「生命大躍進展」の大阪会場を見るためだ。 バージェス頁岩の化石や最古の四足動物上陸跡などの展示に興奮しっぱなしだった。 「生命大躍進展」は昨年夏の東京会場から始まった巡回展。 すでに国立科…

須磨海浜水族園でカニ展を見てきた

昨日は雨のなか、神戸市須磨区にある須磨海浜水族園に行ってきた。 特別展「カニ研究クラブ」を見るためだ。 密度の濃い展示で、とくにカニ化石の展示がめずらしかった。 「カニ研究クラブ」展の目玉は、ブロメリアガニの生態研究の紹介。 ジャマイカ産の葉…

NHKスペシャル生命大躍進

昨年の5月から7月、NHKは進化をネタにした大型特番を3回にわたって放映した。 タイトルは「NHKスペシャル 生命大躍進」。 非常に面白い番組だったが、いくつか気になる点があった。 この番組は進化史のなかで革新的な進化イベントに注目したシリーズだった。…

白頭山は噴火するのか?

歴史上で最大の噴火の一つが西暦946年前後にあった白頭山の噴火だ。 朝鮮半島の付け根にある白頭山の火山灰が東北日本にも降り積もった。 だが北朝鮮と中国の国境という悪条件のためにこの火山の研究は進んでいない。 2002年から2005年にかけて白頭山に火山…

熊本地震はどうして起こったのか?

14日夜から活動がつづく熊本地震、どうして起こったのだろうか? 熊本地震は、九州中西部の北東~東北東走向の右横ずれ断層が動いたもの。 動いた布田川・日奈久断層帯は、九州を横断する大分-熊本構造線の一部だ。 別府-島原地溝帯という用語もある。 こ…

熊本でもっと大きな地震

日付が変わってきょうの1時25分、熊本でM7.3という大きな地震があった。 おととい夜の大地震から27時間経っての、もっと巨大な別の地震だ。 気象庁のCMT解によると、南北に張力軸を持つ横ずれ型。 おととい夜の地震と同じ北東走向の右横ずれ断層が起こしたよ…

熊本地震を起こした犯人

昨晩、熊本地方で起こった大きな地震、犯人の活断層が分かってきたようだ。 気象庁や何人かの地震学者が布田川・日奈久断層帯の一部が動いたと言っている。 もっと詳しく言うと、地震調査推進本部の言う日奈久断層の高野-白旗区間。 あるいは吉川敏和ら (20…

熊本県で大きな地震があった

きょうの夜、九州の友人から「揺れた」というSkypeがあった。 テレビをつけると最大震度7の大きな地震が大ニュース。 地震の震央は熊本県熊本地方。震源の深さ11km。 マグニチュードは6.5と気象庁は発表している。 震源を活断層マップに重ねると、御船活動セ…

葛生化石館に行ってきた

きょうは栃木県佐野市にある葛生化石館に行ってきた。 2つの企画展「ランチョ・ラ・ブレア化石展」と「中生代という時代」を見てきた。 ニッポンサイとヤベオオツノジカの全身骨格などが茨城での洞窟展に出張中だ。 残った標本をやりくりして空けたスペース…

桑島のトリティロドン類が新種として記載された

桑島の化石壁から発見されたトリティロドン類が新種として記載された。 名前はモンティリクトゥス。 最後まで生き残った非哺乳類単弓類(哺乳類型爬虫類)だ。 1997年夏、恐竜化石で有名な桑島の化石壁から奇怪な歯の化石が出た。 三日月型の咬頭が2行2列に…

ネアンデルタール人が父親の混血男児はできなかった?

ネアンデルタール人のY染色体の一部が解読された。 父親がネアンデルタール人の混血男児が生まれなかった可能性があるという。 これまで完全ゲノムが解読されたネアンデルタール人5人は全員女性だ。 スタンフォード大学などのチームはネアンデルタール人のY…

恐竜時代の海鳥はクビナガ竜の餌食だった?

クビナガ竜の攻撃から生き延びた太古の海鳥という面白い記事があった。 ヘスペロルニスをクビナガ竜が狩っていたはじめての直接証拠だという。 標本はイェール大学ピーボディ博物館が所蔵するヘスペロルニスの脚の骨。 古病理学が専門のブルース・ロスチャイ…

「恐竜・化石研究所」展でチンギスカーニアを見た

一昨日、名古屋市科学館の「恐竜・化石研究所」展を見てきた。 展示のひとつがモンゴルから発掘されたエディアカラ紀の藻類チンギスカーニアだ。 チンギスカーニアの化石が新種として記載されたのは先月。 ウィスコンシン大学ミルウォーキー校と名古屋大学か…

名古屋市科学館の「恐竜・化石研究所」展を見てきた

昨日、名古屋市科学館で開かれている「恐竜・化石研究所」を見てきた。 体化石のほかにさまざまな生痕化石が紹介されていた。 目玉はティラノサウルスの糞石。1998年にネイチャー誌に報告された標本だ。 ただ展示は単色レプリカでどこに消化後の骨が混じって…

神田明神がもとは海の神さまを祀っていたって本当?

神田明神の現在の祭神は3体。 オオナムチノミコト、スクナヒコナノミコト、平将門命だ。 だがかつては違う神を祀っていて名前も洲崎大明神だったという説がある。 神田明神はもとは日比谷入江の奥に位置する豊島郡芝崎村にあった。 祭神が海の神だったとした…

東海道はいつから鈴鹿峠を通った?

むかし天皇家の皇女の一人が伊勢神宮に巫女として仕えるという風習があった。 伊勢に預けられる皇女のことを斎王という。 斎王の伊勢入りは当時の一大イベントで、史書に詳細な記録が残っている。 大昔に奈良や京都と伊勢を結ぶ街道がどこを通っていたかを知…

ホモ・フロレシエンシスの謎が解決した?

人類学にとって頭の痛い存在としてホモ・フロレシエンシスがある。 インドネシアから発掘された身長1mほどの小型人類化石だ。 その年代が大幅に古いものに訂正され、いくつかの謎が解決したそうだ。 本種は2003年にフローレス島のリャン・ブア洞窟で発掘され…

山形県立博物館で化石展を見てきた

昨日は山形県立博物館の企画展「化石―太古の不思議な生き物たち―」を見てきた。 ヤマガタダイカイギュウの実物化石を見られたことに感動した。 ヤマガタダイカイギュウが発見されたは全国的な小雨にみまわれた1978年夏。 山形県大江町の最上川河床に露わにな…

茨城県自然博物館で洞窟展を見てきた

昨日、坂東市にあるミュージアムパーク茨城県自然博物館に行ってきた。 企画展「洞くつ探検 地下に広がるふしぎな世界」を見るためだ。 洞窟堆積物から採集された脊椎動物化石の展示が圧巻だった。 洞窟といえばロールプレイングゲームにおけるダンジョンの…

ソメイヨシノは王桜か?

済州島に自生する王桜がソメイヨシノの起源だと主張する論文がある。 データは王桜起源説を支持せずむしろ別種説を強化するように見える。 DNAを使ってソメイヨシノと王桜の関係を調べた研究はいくつかある。 たとえば2007年、米農務省のローらはISSRマーカ…

ゲノムに侵入したウイルスが自然免疫を司る?

ヒトゲノムのうち8%はDNAに入り込んだウイルスに由来する配列だ。 近年この内在性レトロウイルスがさまざまな働きを持つことが分かってきた。 自然免疫の遺伝子制御ネットワークの多くももとはウイルス配列と分かったそうだ。 感染病に罹ったとき最初に働き…