miosn's blog

1日400字以内

55年体制が崩れたのはなぜか

『詳説日本史研究』を読んで歴史を勉強している。

55年体制の崩壊」の項目で、疑問が湧いた。

1993年の総選挙で自民党が負け、55年体制が崩れたのはなぜだろう。

 

はじめ、バブルが弾けて景気が悪くなったのが理由だと思っていた。

じっさいに日銀短観の時系列グラフを見ると、1993年はどん底だ。

その後も、不況期の1998年参院選自民党が大敗して橋本内閣が退いた。

リーマンショック後の2009年衆院選でも民主党政権交代している。

不況だと与党が負けるように見える。

 

しかし、当てはまらない例があった。

1985年にプラザ合意がなされると、急激に円高が進んで不況になった。

円高不況のどん底である1986年に選挙が行われている。

この年、中曽根内閣は衆参同一選を打って自民党が史上最高の議席を得た。

f:id:miosn:20160208060248p:plain

 

1993年当時はリクルート事件や佐川急便事件などで自民党が批判されていた。

そちらのほうが原因として大きかったのかなぁ。