miosn's blog

1日400字以内

TPPは年次改革要望書の後継?

『詳説日本史研究』を読んで歴史を勉強している。

日米貿易摩擦の項目を読んで、米国人が日本車を叩き潰す写真を思い出した。

f:id:miosn:20160209011245j:plain

 

日本製品が米国で売れまくってるのに、日本で米製品が売れないのは規制のせいだ。

米国はそう言って、1989年~90年の日米構造協議で規制緩和を要求。

1994年からは年次改革要望書として、繰り返し構造改革を迫った。

 

小泉内閣の「聖域なき構造改革」は、米国の要求をなぞったものだという。

経産官僚時代に米国と戦った小林興起元議員が言っている。

 

あの悪名高き年次改革要望書はどうなったのか?

調べてみると、なんと鳩山内閣が廃止している。

しかし鳩山首相普天間問題で米国に嫌われて失脚。

菅内閣になると、日米経済協調対話が始まった。

けっきょく元の関係に戻ったようだ。

 

分からないのは、その後の展開だ。

横浜APECから日米はTPPを結ぶことを目指したはず。

TPP交渉は年次改革要望書の後継なのだろうか?