miosn's blog

1日400字以内

けっきょく日米冷戦は起こらなかった

『詳説日本史研究』を読んで歴史を勉強している。

冷戦終結の項目を読んで、一つの本のタイトルを思い出した。

『The Coming War With Japan』という本だ。

日米両国の地政学を解説し、冷戦後に両者の開戦は避けられないとする内容だ。

1991年にベストセラーになった(【単行本・ビジネス】部門4位、東販調べ)。

f:id:miosn:20160210044834j:plain

その前年には『「NO」と言える日本』がベストセラーになっていた。

日本に反米保守の新右翼が台頭し、冷戦後の日米関係を模索していた時期だ。

FSXを自主開発したいと言ったり湾岸戦争に派兵しなかったりして米国に嫌われた。

手嶋龍一は当時の日米関係を「たそがれゆく日米同盟」と呼んだ。

 

ところが、今でも日米は強い同盟関係で結ばれている。

橋本政権と鳩山政権をのぞき、日米関係はずっと良かった。

けっきょく1991年頃に予想されていた日米離反・日米冷戦は起こらなかった。

なにが見込み違いだったのだろう?