miosn's blog

1日400字以内

ネアンデルタール人にもらった病気?

人類がネアンデルタール人から鬱病を受け継いだというニュースが目を引いた。

どうしてそんなことが分かるのだろうか?

 

次世代シーケンス技術の発展は凄まじく、ネアンデルタール人全ゲノムが解読された。

ヨーロッパ人とアジア人には約1.5%のネアンデルタール人DNAがあった。

これは約5万年前に現生人類とネアンデルタール人の混血があった証拠だ。

 

米国にはeMERGEという臨床データと遺伝学データのデータベースがある。

集団遺伝学者のジョシュア・アケイらはこれでネアンデルタール人遺伝子を調べた。

鬱病日光角化症、血餅、チアミン輸送、尿道の病気、ニコチン依存症。

これらにかかわる遺伝子の一部がネアンデルタール人由来だと分かった。

f:id:miosn:20160214061759j:plain

 

それにしても、ある遺伝子がネアンデルタール人由来だとどうして分かるのだろう。

複雑な集団遺伝学の混血モデルを使って見分けるようだが、よく理解できなかった。