miosn's blog

1日400字以内

恐竜のような鼻をした哺乳類

恐竜のような鼻をした哺乳類が見つかった、というニュースが目についた。

およそ7万年前のアフリカに住んでいた動物で、ヌーに似ていたという。

名前はルシンゴリクス・アトポクラニオン。

鼻の中に空洞があり、トランペットのように音を出せたらしい。

ハドロサウルス類と呼ばれる恐竜の鼻ドームとおんなじ特徴だ。

f:id:miosn:20160215071514j:plain

 

このニュースで気になったのは見つかった場所だ。

アフリカの赤道直下に広がるヴィクトリア湖に、ルシンガ島という島がある。

ここは約1800万年前のプロコンスルという類人猿化石の産地としても有名だ。

生命40億年はるかな旅には、ルシンガ島で語るメアリー・リーキー博士が出てくる。

 

ルシンゴリクスの分類学的位置は、ウシ科ハーテビースト亜科。

メガロトラグスに近縁で、現生種のなかではヌー属に近い。

7万年前というと、すでに現生人類がユーラシアに進出していた時代。

この動物も更新世にあったメガファウナの大量絶滅とともに消えた。