miosn's blog

1日400字以内

駒沢オリンピック公園はなぜそこにある?

昨日、駒沢オリンピック公園を歩いてひとつ疑問が浮かんだ。

住宅地のど真ん中にどうして広い公園を作れたのだろうか?

 

国土地理院の空中写真閲覧サービスから過去の写真を集めた。

f:id:miosn:20160218235443j:plain

 

1963年はすでに現在と同じだが、1956年にはかわりに野球場が見える。

東映フライヤーズ本拠地の駒沢球場で1962年まであった。

1947年は区画割りがされた畑に見える。

もともと1940年の東京五輪のメイン会場予定地だったそうだ。

1936年の写真を見ると、ゴルフ場のコースがたくさん見える。

 

1913年、横浜正金銀行総裁の井上準之助らは東京ゴルフ倶楽部を結成。

深沢村狸谷(まみがや)に駒澤ゴルフ場を開いた。

東京ゴルフ倶楽部は1932年に朝霞に移転。

跡地を目蒲電鉄が買って経営した。

1940年に東京都が買い取りゴルフ場は閉鎖された。

 

もとは荏原台地上の雑木林と畑の地で、東端の呑川支流の谷は田だった。

答えは住宅街以前からゴルフ場があったから。