読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

グリプトドン類の古代DNAが解読された

グリプトドン類はカメのようなアルマジロのような不思議な姿の絶滅動物だ。

巨大な化石も知られていて、なかでもドエディクルスは全長4mに達する。

そのグリプトドン類の古代DNAが解読されたというニュースが飛び込んできた。

f:id:miosn:20160223235958j:plain

 

研究したのはヘンドリク・ポイナーらの国際チーム。

アルゼンチンの博物館にあるドエディクルス属の甲羅の断片からDNAを採取した。

チームは完全なミトコンドリアDNAの復元に成功した。

 

これまでグリプトドン類は異節上目被甲目のなかの独立した分類群とされていた。

ミトコンドリアDNA配列の分析は、化石の形態学的研究とは違う結果を出した。

グリプトドン類はヒメアルマジロ科の内側に位置した。

 

しかし、論文をざっと見ていくつか気になる点もあった。

約3500万年前の分岐はミトコンドリアDNA配列で系統推定するには古すぎる。

ドエディクルスを含むクレードのブートストラップ値が69と低すぎる。