miosn's blog

1日400字以内

川崎大師はもとは違う場所あった?

初詣には川崎大師にお詣りしてきた。

f:id:miosn:20150102121351j:plain

 

川崎大師に伝わる歴史によると、創建は平安末期の1128年という。

だが、この年代は不思議だ。

現在お寺がある場所は、平安時代には海か湿地帯だったと考えられるからだ。

 

江戸時代に川崎宿が設けられたころ、このあたりは砂浜だった。

多摩川の氾濫時には冠水する場所だった。

旧東海道砂州の微高地上をたどるように敷かれ、盛り土も施されたという。

東海道より低い土地にある川崎大師が江戸時代以前からあったとは考えにくい。

 

平間寺がもとは別の場所にあり、現在の場所に移転してきた可能性はある。

『新編武蔵国風土記稿』に興味深い記述がある。

 

下平間村に称名寺という寺院があった。

ある時同寺は真言宗から浄土真宗に改宗した。

従来の本尊が不用となり多摩川に流すと、河口の猟師が拾い上げ、堂宇に安置した。

寺号は旧地の村名をとり平間寺とした。