読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

松任に桑島産の恐竜・トカゲ化石を見に行った

現在、石川県松任(まっとう)にある白山市立博物館で化石展が開かれている。

タイトルは「~イグアノドンとトカゲから見えてきた~太古の生態系@白山市桑島」。

白峰村の桑島から産出した、恐竜時代の脊椎動物化石が展示されていた。

f:id:miosn:20160303111849j:plain

 

これらの標本は、ふだんは化石産地の近くの白山恐竜パーク白峰にあるもの。

そこは交通の便がはなはだ悪く、しかも冬場は道が閉鎖されることもある。

平地で観られるチャンスができるのはとてもうれしい。

 

恐竜類はイグアノドン類のシマリュウのほか、未命名の鳥脚類化石がいくつか。

さらに獣脚類のカガリュウの歯やオヴィラプトロサウルス類の爪もあった。

トカゲ(鱗竜類)は桑島産の6種が揃い踏み。

 

白山市松任白山市立博物館での展示は3月6日(日曜日)まで。

このミニ展は巡回展で、3月9日からは金沢市の石川県立自然史資料館に展示される。