読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

石川県は「美川県」になっていたかもしれない?

昨日、石川県白山市美川にある石川ルーツ交流館という資料館を見てきた。

明治5年、金沢から美川に県庁が移った際に金沢県から石川県に名前が変わった。

つまり「石川県」という名前のルーツはここにある、というわけだ。

f:id:miosn:20160303094716j:plain

 

廃藩置県当事の「県」という言葉は現在とは意味合いが違った。

いまは県境に切り取られた領域を県と呼ぶが、むかしは県庁のことを県と言った。

だから旧国名とはちがい、県名は基本的に県庁所在地の地名だ。

 

石川県の名前はなぜか地名の美川でなく郡名の石川郡から採られた。

当事の石川県令は「美川県」への改称を申請したが、国に却下されている。

「美川」の地名がもとは能美郡石川郡合成地名だったのが嫌われたのだろうか。

 

石川県のルーツということを売りにしているが、中身は総合的な郷土資料館だ。

エントランスでははりんこ(トミヨ)が泳ぐ水槽が出迎えてくれる。

手取川扇状地の地形形成史のパネル展示もあった(展示室内撮影禁止)。