miosn's blog

1日400字以内

ニホンカワウソは日本固有種らしい

ニホンカワウソが日本固有種だったというニュースがあった。

高知県と神奈川県で採集されたカワウソ標本の完全なミトコンドリアDNAを解読。

高知標本はユーラシアカワウソから約127万年前に分岐したことが判ったという。

 

ニホンカワウソは半水棲の肉食哺乳類でイタチの仲間だ。

体を冷やさない二重構造の毛皮を持つため乱獲に遭い絶滅してしまった。

サンシャイン水族館のは属の違うコツメカワウソだ。

f:id:miosn:20160309000253j:plain

 

ニホンカワウソがユーラシアカワウソと同種なのか議論があった。

1996年に高知大グループミトコンドリアDNAの短い配列から別種説を唱えた。

2000年に科博の遠藤秀紀らは骨の計測値を主成分分析にかけて別種説を採った。

そして今回、決着がついた。

 

河村善也によると日本でカワウソ化石はほとんどない。

調べると静岡県引佐町谷下の裂罅充填物からカワウソ化石があるみたいだ。

また縄文時代の遺跡から「カワウソの獣骨」はけっこう出ている。

f:id:miosn:20150322103932j:plain