miosn's blog

1日400字以内

神奈川県立生命の星・地球博物館に行ってきた

きょう、入生田にある神奈川県立生命の星・地球博物館に行ってきた。

県立歴史博物館の「石展」のサテライト展示があると知って見たくなったのだ。

神奈川の石材のうち9種類の標本が展示されていた。

f:id:miosn:20160320231205j:plain

 

9点の内訳は、箱根火山の溶岩類が3種、箱根火山の凝灰岩が3種、堆積岩が3種。

こうして見ると硬い石ならなんでも石材に利用していたように見えてしまう。

 

ミニ企画展示コーナー以外に常設展も回ってきた。

生命の星・地球博物館はとくに世界の岩石標本の展示が充実している。

天井の高い広い空間を活かした露頭風展示はなかなかよそでは見られない。

東アフリカ地溝帯のトラバーチンや中国桂林の石灰岩柱の展示は見ものだ。

 

国内の岩石コレクションも凄いものがありその一部が展示されている。

葉山-嶺岡帯にはどうして蛇紋岩が出てくるのだろうか。

丹沢の変成岩類はどういう環境でできたのか。

そんなことを考えながら展示を見て回った。

f:id:miosn:20160320114847j:plain