miosn's blog

1日400字以内

ゲノムに侵入したウイルスが自然免疫を司る?

ヒトゲノムのうち8%はDNAに入り込んだウイルスに由来する配列だ。

近年この内在性レトロウイルスがさまざまな働きを持つことが分かってきた。

自然免疫の遺伝子制御ネットワークの多くももとはウイルス配列と分かったそうだ。

f:id:miosn:20160328233705j:plain

 

感染病に罹ったとき最初に働き出して病原菌と戦うのが自然免疫だ。

自然免疫の制御系は複雑かつ多様で、どのように進化してきたのか議論があった。

 

著者らはレトロウイルス由来の配列が自然免疫の制御に関わってると考えた。

試しにCRISPR技術を使ってヒト細胞のゲノムからウイルス配列の一つを削除。

すると自然免疫が働かない細胞株ができた。

 

機能するDNA配列の起源がレトロウイルスと言われるとウイルス進化説を思い出す。

進化論に創造論と区別のつかないウイルス万能論がはびこりかねない。

自然免疫の起源にレトロウイルスの感染が関わっていることは証明された。

これが進化の一般例なのか特殊例なのかは不明だ。