miosn's blog

1日400字以内

ソメイヨシノは王桜か?

済州島に自生する王桜がソメイヨシノの起源だと主張する論文がある。

データは王桜起源説を支持せずむしろ別種説を強化するように見える。

 

DNAを使ってソメイヨシノと王桜の関係を調べた研究はいくつかある。

たとえば2007年、米農務省のローらはISSRマーカー等から両種は別とした。

 

だが2014年、成均館大学のチームは先行研究を否定し反対の結論を出した。

彼らは核リボソームDNA配列の変異が速い領域などを解読。

王桜とソメイヨシノが同じ組み合わせの多型を持つため雑種起源の同種とした。

母株はエドヒガン、父株はヤマザクラ/オオヤマザクラ群のどれかという。

f:id:miosn:20160329233505j:plain

 

ところがこの論文のデータからなぜそう言えるのか分からない。

彼らの核DNAの結果は種ごとのクラスタを形成せず系統推定はできない。

多型も種分化前からある可能性や独立に雑種形成した可能性がある。

葉緑体DNAの結果はむしろ別種を示しているように見える。