miosn's blog

1日400字以内

葛生化石館に行ってきた

きょうは栃木県佐野市にある葛生化石館に行ってきた。

2つの企画展「ランチョ・ラ・ブレア化石展」と「中生代という時代」を見てきた。

 

ニッポンサイとヤベオオツノジカの全身骨格などが茨城での洞窟展に出張中だ。

残った標本をやりくりして空けたスペースに、ラ・ブレアの化石が展示されていた。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館が誇るレプリカコレクションだ。

パラミロドンやダイアウルフ、スミロドンを間近になめ回すように見られた。

f:id:miosn:20160412095433j:plain

 

中生代展には栃木県立博物館と国立科学博物館のコレクションが並んでいた。

手堅いラインナップで、日本各地の中生代植物化石が見られるのが嬉しい。

なかでもニッポノサウルスの全身骨格は見ものだった。

葛生から産したジュラ紀のアンモナイトは常設展にあった。

f:id:miosn:20160412094702j:plain

 

常設展の化石標本も。

ペルム紀石灰岩から出た三葉虫フズリナ、腕足類はワクワクする。

石灰岩洞窟の堆積物から産した脊椎動物や「葛生原人」もある。