miosn's blog

1日400字以内

熊本でもっと大きな地震

日付が変わってきょうの1時25分、熊本でM7.3という大きな地震があった。

おととい夜の大地震から27時間経っての、もっと巨大な別の地震だ。

 

気象庁のCMT解によると、南北に張力軸を持つ横ずれ型。

おととい夜の地震と同じ北東走向の右横ずれ断層が起こしたようだ。

 

震央はおとといの地震より北側。

マグニチュードから20~30kmぐらいの断層が動いたはずだ。

しかし余震分布を見ても一昨日の地震の余震と重なって断層が分からない。

きょうの地震はどこの断層が動いたのだろうか?

f:id:miosn:20160416234310j:plain

 

国土地理院が電子基準点の動きを解析して速報を出している。

布田川断層(長さ約27kmの右横ずれ断層)が動いたと結論づけている。

東北大学のグループは今回の地震で現れた地表断層を報告している。

布田川断層に沿っていて、走向はN50°E、右横ずれ2mだという。

 

動いたのは布田川断層(布田川断層帯の布田川区間)で間違いないようだ。