読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

生命大躍進展でウィワクシアを見た

生命大躍進

先月、長居の大阪市立自然史博物館に行って生命大躍進展を見てきた。

ウロコ状の骨片とトゲで覆われるバージェス頁岩の動物ウィワクシアもあった。

軟体動物とする説と環形動物の多毛類とする説が激しくぶつかる化石だ。

f:id:miosn:20160421143823j:plain

 

展示されているのはウォルコット採掘場産の斜めに保存された完全個体。

昨年5月放送のNHKスペシャル生命大躍進にも復元CGが出てきた。

f:id:miosn:20160516210629j:plain

 

コンウェイ・モリスは本種に歯舌を発見し、それを根拠に軟体動物の一種とした。

ワンダフルライフ』には軟体動物説が紹介されている。

だがバターフィールドは骨片の詳細な観察から多毛類の剛毛と相同なものとした。

軟体動物説と環形動物(多毛類)説の論争が続いた。

 

近年、他の化石の研究から剛毛を持つのは多毛類だけでないことが分かってきた。

環形動物と軟体動物の共通祖先が剛毛を持っていたシナリオも提唱されている。

現在ではウィワクシアは軟体動物のステムだとするが支持されている。

f:id:miosn:20160516222052j:plain