読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

「超巨大!ジュラシック娘」とスティギモロク

昨日「超巨大!ジュラシック娘」にスティギモロクが実装された。

フレンドの一人がパキケファロサウルス幼体説にコメントしていた。

そのコメント通り、スティギモロクは別種恐竜の幼体であり無効名だ。

f:id:miosn:20160531212806j:plain

 

スティギモロクは白亜紀末期の北米にいた堅頭竜の一つとされてきた。

「死の川の邪神」という中二病な命名が人気の恐竜であった。

 

ところが2009年、本属がパキケファロサウルスの幼体だとする論文が出た。

著者らは切断面やCTスキャンを駆使し、本種の特徴が成長で変わるものだと解明した。

この研究結果は数年前に福井・大阪・横浜の「新説・恐竜の成長」展で紹介された。

f:id:miosn:20140724111606j:plain

 

じつは両属が同じという噂は1990年代からあった。

スティギモロクの棘とパキケファロサウルスのドームを併せ持つ化石が出たからだ。

しかし発掘したのが業者だったため『恐竜学最前線』等に紹介されるに留まった。

その化石はいま国立科学博物館にあり正式な記載を待っている。