miosn's blog

1日400字以内

海のハンター展を見てきた

上野の国立科学博物館で開かれている「海のハンター展」を見に行ってきた。

なかみは実質的にサメ展であり、さまざまなサメ類を見ることができた。

 

最初のエリアは化石動物の海のハンターたち。

前半の目玉はメガロドンの実物大模型と歯の化石だ。

メガロドンの咬む力は現生海洋生物最強のホホジロザメ10倍だったそうだ。

f:id:miosn:20160722155431j:plain

 

北九州自然史博自慢のクラドキクルスに「食い破られた」カラモプレウルスも。

また、フタバスズキリュウの実物化石も展示されていた。

いわき市が発掘費用を渋って科博に持ってかれた標本だ。

ほかに中新世のペンギン化石が興味深かった。

 

メインは現生サメ類の剥製群だ。

イスルスやカルカリヌスなど、歯の化石で見慣れた名前が並ぶ。

上下の歯の役割などが解説されていて、とても良い展示だ。

捕食シーンの映像を見て、案外大雑把に咬みつくんだなと思った。

 

そして本展の目玉であるホホジロザメの液浸標本。

図体がドデカいので顎も歯もデカい。

f:id:miosn:20160722173331j:plain