読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miosn's blog

1日400字以内

茨城県北部の地震はなぜ正断層型か

コミケ前日のきのう、茨城県北部を震源とする大きな地震があった。東北日本は東西圧縮なのになぜ正断層地震が起こるのか。

f:id:miosn:20161229002654j:plain



東大の加藤愛太郎准教授らは大震災が内陸の応力場を変えたためと考えている。彼らは震災前後でこの地域の発震機構が劇的に変化したことを発見。震災で陸側プレートが大きく引っ張られたのが原因と考えた。

東北大の遠田晋次教授も応力場が変わったためと考えている。ただし遠田氏らの調査で貞観地震時に正断層が動いた証拠は得られなかった。

産総研今西和俊研究員の考えは違う。計算によると大震災による応力変化では引っ張り応力に足りなかった。また震災前もこの地域は正断層応力場だった。彼は局所的に正断層応力場が現れるやや複雑な機構を提案している。

日本海溝では造構性侵食作用が起こっていると考えられている。コスタリカ沖も侵食型プレート境界で先端部が正断層応力場になっている。